上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

去年の今頃は、正直勉強なんてもうやりたくないと思ってた。さすがに受験勉強は今も勘弁w
どう転んでも、知りたいことを知るためには、学びたいことを学ぶためには受験勉強はしなきゃいけない。でも、やりたくない。
どこでもいいから、人がいないような無人島に行きたかった。
もう何がどうなってもいいや。何もいらない。何も受け入れたくない。
そんな気分で、そこで何もせずにただぼぉーっとしていたかった。
まわりの浪人友達は先に受かっちゃったり、あきらめて他学部行ったりでどんどん孤立していく。
お先真っ暗な一年間が待ってる上に、
自分がいきたい大学を受けられるか受けられないかなんてのも
受験生である時間のうちのたった二日間で決まるんだから。
国公立志望ならね。

こんな感じで去年のこの時期は、4月上旬までうだうだしてました。
自分の部屋っていう島で。
バイトもちょろっと、勉強もちょろっと、全部中途半端。
ほんっとにもったいない時期でした。



なんでこんなんだったかなぁって今考えてみれば、

受験っていう小さな競争市場に呑まれて、
医学部に行こうと思った理由をまじめに考えてなかったんだとおもう。

日本っていうひとつの国の中で、せいぜい60万人しかいない小さな市場で、ただ漠然とした動機と在るだけ。
小さな世界で自分を見失って、ただまわりの雰囲気に流されて形骸化してるだけ。


でもそれじゃあ、自分の命に申し訳ないんじゃないかって思うのね。今は。
せっかく生きてんだから、自分がやりたいことのために努力する。
それがどんなに大変でもね。


こう思うようになったのは、
ずっと応援してくれてた友達や今年知り合った先輩後輩から学ぶ機会があったから。
この記事中にも、その中のある人の言葉もちょっと混じってるけど。

話がうまくまとめられないけど
この記事で何が言いたかったかというと
受験生である時間のうちのたった二日間しかない。
でも、そのたった二日のために三〇〇日もがんばれる時間が明確に与えられてる
っていうのはかなり贅沢なことで、
そして、
その間、受験っていうくくりの中にこもり続けないで、
外界と接することで、勉強になることも多々あるんだから、
そういう機会こそ大事にすべきなんじゃないかなと思う。






なんかめっちゃ自己合理化した感じのものになってしまった。
あと
そんな記事書いてる割に...
っていうコメントはよしてくださいww

スポンサーサイト
2011.03.12 Sat l 受験・浪人体験記。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kibunshidaidekoushin.blog91.fc2.com/tb.php/5-f86d7b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。