上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
受験生のとき大事にしてたもの。

天声人語ですね。

三浪目のとき通ってた予備校が計算用紙に印刷してくれてたので、計算用紙をもらった日には毎回読んでました。



受験生だった頃以来、読んでなかった天声人語。

今日マックに置いてある新聞で読んでみました。

1回目読んだときは企業に向けた文章?なのかなと思ったんだけど、

実は自分にも言えるような内容だったんで、印象に残った言葉とか書いてみます。

こんな感じ↓ 文章のままは思い出せなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡村昭彦。(僕は知らなかったけど、有名なカメラマンだそう。その人の言葉から)

「フィルムの詰め方は知りませんでしたが、何にレンズを向けるべきかは知っていました。」





イーストマンコダック経営破綻の話で

イーストマンコダックの歴史はフィルムカメラの歴史ともいえる。
音声付きの映画フィルムも開発。

(したんだそう。でも、)

皮肉なことで、フィルムの栄光を忘れ得ない経営によってデジタル時代から取り残された。




ホンダの創業者本田宗一郎が会社経営を槍にたとえていた
突くよりも引くスピードが大切だ、と。
方向転換の決断の大切さとともに、一つの成功にいつまでもこだわるなという教訓。




ことわざにも、おごれるものは久しからず。というものがある。

それを皮肉っておごらずとても久しからず。なんていうそう。

強いものが生き残るんじゃなくて、
適応できた者が生き残る。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


時代の変わり目なんてよく言うけれど、

大相撲の放駒理事長は1年5ヶ月あまりの任期で、場所後に退任したんだって。

そのときのコメントが

「長かったと言えば長かったし、短かったと言えば短かった。

 時代の変わり目だった。」




変わり目だったのかもね、、一ファンとしてはまだまだ仕事して欲しかった。


引くことが大事なんじゃなくて、引くタイミングを見極めることが大事なんかな。




別に、最近デジイチ買ったからカメラマンの話書いたわけじゃないよ、たまたまそんな内容だったんで。




最近、自己啓発系の文章書いてる。

けど、人として成長するには大事なことかなとも思うし、たまにはいいかな。








読みたい本が多いな。
2010年の6月くらいに


審判のジャッジでノーヒットノーランが達成できなかったメジャーの投手の記事があって


自分はそれにすごい感動して大事に電子辞書(のケース)に入れてたんだけど...







ケースごと落としたみたいで...






泣きたい...








ではでは。
スポンサーサイト

2012.01.24 Tue l 生活。 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

皮肉にもコダックが世界で初めてデジカメつくった会社らしいですね~(´・_・`)
2012.01.24 Tue l かしわ. URL l 編集
そういえば、ホンダがマクラーレン・ホンダで成功して
ワークス参戦したのに、結果が出なくてあっさり
撤退したのは創業者の言葉があったからなのかな???
2012.01.24 Tue l かしわ. URL l 編集
デジカメもですか。おやおや。

言葉のせいだけじゃないでしょーさすがに(;´Д`A
2012.01.24 Tue l いろは+. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kibunshidaidekoushin.blog91.fc2.com/tb.php/200-cbf741a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。